このブログは更新を終了しました。記載の内容は情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。
新しいブログは写真専用のブログになりました。ご興味のある方はぜひ以下のアドレスから御覧ください。
Photobooks:http://photo.aile-vide.com/

カテゴリに"PHP"を含む投稿

ニコニコ動画で話題のチャット

3 件のコメント

ニコニコ動画で今日、技術部でランキング3位にPHPとJavascriptをつかったチャットの動画がありました。


このヂュラララ!っていうのがなんなのかしらないのですが、なんか人気なアニメ化なんかなんですかね?

チャットはアクセス過多で落ちまくってるようです。

一時的なものかもしれませんが、このチャットは人気サイトとなりました。

では、このチャット、実際すごいプログラムをつかっているのでしょうか?


いちいち同じようなのを作る時間はなかったので、大体の作りを考えてみました。

サーバーの処理とクライアントの処理の二つを組み合わせることによって作っているようですね。

PHPでは送られてきたテキストを受信し、ログファイルに保存します(DBでも可、このときサニタイズという、HTMLタグなどを無効化する処理などを忘れてはいけません)
また、リクエストに応じてログファイルのデータを出力(送信)します。

JavascriptではAjaxなどでデータの送信、受信を行います。
ブラウザがChromeやFirefox推奨なのは、Javascriptがブラウザによって動作しないことがあるためでしょう。
本来はすべて同じように動作するべきですが、それぞれのブラウザで解釈が違うことがよくあります。
そのため、一般的な規格に近い形で動くChromeやFirefoxにあわせて作成したのでしょう。

実際にこのプログラムはそんなに難しいモノではありません。
多分、わかる人であれば1日もかからないでしょう。

意外と人気なWebサービスも、実はこういう簡単なプログラムって多いんです。

最近、このブログをみたプログラマーを目指している人から、よくメールを頂きます。

プログラマーを目指す人のスタートを応援できるのであれば私としては嬉しい限りです。


そういう人たちに、一番知って置いて欲しいのは、プログラムの技術も大切ですが、プログラムは複雑に組むのではなく、以下に簡単に、安全に作るかが重要なんです。

そして、アイデア次第ではプログラムの技術がなくても、ハイレベルなプログラムをくまなくても、十分実用的なシステムを作ることも可能なのです。

今回のように、たくさんの人が興味を持つアニメ(かどうかはしらないんですがw)などのチャットのデザインを模すだけで、おなじチャットでも人気がでる場合があります。


かといって技術がなければもとより作ることもできないのですが、技術だけでやっていくというのはこの業界ではおそらく不可能です。

プログラムをしたいというひとは、ぜひ頭を柔らかくすることも忘れないようにしましょう。

PHPエラーを非表示に

PHPエラーを非表示に はコメントを受け付けていません。

PHPで、エラーがどうしても出てしまうけど、動作には支障がないとき、エラーを非表示にしたいときがある。
php.iniや.htaccessでerror_reportingを変える方法があるが、これを使うことでほかのエラーまで消えるため不便なこともある。
意外と知られていないらしいがそういうときは、関数の前に@をつけることでエラーを非表示にすることができる。

たとえば

$fp = fopen($file);

とすると$fileが見つからない場合エラーになる。
このファイルが読み込めなくても処理してもいい時がたまにあるのだが、そういうときは

$fp = @fopen($file);

とすればよい。



ふと、プログラム組んでて思いついて書いてみた。
たまにはこういうのも書いていこうかな、ブログの方向性が全く定まってないけどw

Posted in PHP

webサービスと業務用システムのプログラムの違い

webサービスと業務用システムのプログラムの違い はコメントを受け付けていません。

私の場合、PHPをつかってプログラムを組んでいるが、Webサービスを作るときも、業務用のシステムを作るときも同じ言語を使っているはずなのに、プログラムの組み方が違う。
実際に組んでいるプログラムが違うわけではないが、業務システムの方がWebサービスを作るのよりもはるかに簡単なのである。

Webサービスを作る上で、一番苦労するのは、何を作るか考えるところだろう。
ところが、業務システムになると、何を作ってほしいという感じで渡されるので、一番苦労するところがないのだ。

プログラム全般に言えることだが、プログラム自体はただの言語なので、文法を覚えていればなんとかなる。
しかし、何をしゃべるかかんがえなければしゃべれないように、何を作るかわかっていないとプログラムは組めない。

プログラムは何を作るか考えるところですべてが決まると考えてもいいと思う。

今日、ある高校生のプログラマーと話していたのだが、業務システムを作っている自分よりも、なんだか生き生きしていた気がする。

たまには業務システムからはなれてWebサービスを作るのもいいかもしれない。