このブログは更新を終了しました。記載の内容は情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。
新しいブログは写真専用のブログになりました。ご興味のある方はぜひ以下のアドレスから御覧ください。
https://kei.photo/

M705のチャタリング

M705のチャタリング はコメントを受け付けていません。

IMG_4316.jpg

私はLogicoolのM705というマウスを使っています。
このマウス、マラソンマウスという別名があって、公称では単三アルカリ電池2本で3年間もつという触れ込みです。
ただ私は本当に一日中酷使しているので(写真を見てわかるようにロゴも擦れてほとんどきえてしまっていますw)、3年間も持つ分けはないんですが、1回かえたら約1年間もつので十分です。

このマウス、とてもきにいっているんですが、最近どうも調子が悪い。
右クリックがチャタリングを起こしているようで、確認してみたところ、右だけではなく左クリックもチャタリング起こしてる事が判明。

さすがにもう寿命かとあきらめていたのですが、やはり使い慣れたマウスを諦めるのはちょっと・・・ということで分解してみました。

マイクロスイッチ(マウスのクリック部分のスイッチ)は同じものは市販されていないものの、同等の市販品と付け替えることでなんとかなりそうだったので変えてみるかとおもい、とりあえず型番をメモして元通りに。同じようなことをしている人がいるんじゃないかとおもって検索してみると、案の定結構マイクロスイッチ交換している人はいましたが、それと同時にLogicoolのサポートでは修理依頼を受けた場合”放電”を確認してもらうことがあるというのをみつけました。

どうやら、マウスにたまった静電気を放電することでチャタリングが解消されることがあるということです。
しかもこれが簡単で、電池をぬいて、マウスのクリックを20秒ほどクリックするだけなんだとか。(連打するのかおしっぱなしなのかわからないので両方やってみました。多分どっちでもいいですが)

再び電池をいれて接続してみると・・・見事にチャタリングなおってました。

ちなみにLogicoolのワイヤレスマウスのほとんどでこの方法は有効らしいです。

これでまだまだこのマウスを使っていけそうです。いつかは壊れてしまうかもしれませんが、こまめに手入れして長くつきあっていきたいですね。

コメントはまだありません。