このブログは更新を終了しました。記載の内容は情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。
新しいブログは写真専用のブログになりました。ご興味のある方はぜひ以下のアドレスから御覧ください。
Photobooks:http://photo.aile-vide.com/

日別アーカイブ: 2010/03/06

ブラッディ・マンデイ シーズン2の7話のハッキングシーンを見返してみた。

4 件のコメント

ファルコンのハッキングシーンが・・・ない・・・だと!?

ていうことで何を書こうか悩んだ結果、ファルコンのウイルスについて書くことにしました。

ファルコンはホーネットの個人情報をウイルスにして世界中にばらまいて永久的にホーネットの居場所が常にわかるようにするといっています。

実際にどうすればこのようなウイルスができるでしょうか。

個人情報はそのまま流せばいいでしょう。

ちなみにこのシーンでファルコンがホーネットを突き飛ばします。

後ろはコンクリートの壁です。

演技とはいえ痛そうだなぁ・・・っておもってたらなんと・・・

壁がたわみましたw

セットだったのね・・・w
あくまでコンクリート風の壁w
にしてもたわんじゃってるのがあからさまにわかるようなのもなぁw

それはいいとして、どうやって検知してネットIDとやらを突き止めるんでしょう。

まずネットIDとは?

これについて考えてみたのですが、インターネットに接続するためのLanカードなどの個体識別番号であるMacアドレスだとしたらどうだろう?

でもMacアドレスは実は簡単に書き換えることができます。(やり方は悪用できる技術なので書きませんが)

IPアドレスなんていくらでもかえれますし、ほかに何か特定できるものってあるかな・・・

インターネットを免許制にでもしないとむずかしい気がする。

たとえば、PCや周辺機器を全部破棄して、まったく新しい環境でスタートしたとします。
プロバイダ情報などもすべて他人名義で契約します。

そうすれば、どうやっても個人を特定することは不可能でしょう。

ただの脅し文句なのかなw

まぁ、演出の一つということにしておきましょう。

もう一つ、スパイダー(ハッキングしているところはまったく映し出されていません)がドアのロックを解除するシーンがありました。

コンピューター制御とはいえ、インターネット経由ではないでしょう。

あと、関係ないところですが、みなみがなんでテロリストをうたなかったのかw
あの距離ならテロリストだけ撃てるとおもう。

一緒にいなくなってるみたいだし、もしかしたらテロリストの一味なのかな・・・

今回はハッキングシーンがなくて残念でしたが、次回は結構ありそうなので楽しみですね。

Skype4.2は要注意!

Skype4.2は要注意! はコメントを受け付けていません。

現在の最新版(4.2.0.158以降)ではこの問題は解決されています。

2010/04/23:現在の最新版でも不具合が発生する場合があるようです。

Skypeの最新版(2010/03/06現在)の4.2が公開されて1週間くらい立ちました。

ベータ版をいれたときに通話の調子が悪かったのでアップデートしていなかったのですが、どうも4.2では通話で音が途切れやすい不具合があるようです。

いま調べたところではまだ公式発表はないようですが、知り合いでインストールした人は皆同様の症状があるようです。

もしもインストールしてしまって音声通話で困っている人は、一度Skypeをアンインストールして、旧バージョンをインストールすることで正常に通話できるようになります。

旧バージョンのインストーラーは以下のリンクなどでダウンロードできます。

*Skype公式のダウンロードではありません。一応ESETのウイルススキャンでは何もかかりませんでしたが、ダウンロード、インストールはすべて自己責任でお願いします。

Skype 4.1.0.179ダウンロードページ

このほかにも”old skype”などのワードで検索するといくつか見つかるかと思います。

とりあえず早く修正してほしいですね。